大阪地名研究所

合併をめぐる市町村名や駅名、区名など、地名に関する話です。

日本地名研究所 会員(2018年より)
関心分野ー 市町村名(合併にともなう変遷、行政地名) 、消滅地名、駅名、ネーミング、韓国の地名など
関連論文ー 筑波研究学園都市の合併問題と新市名の選定過程(1987年)

安平、厚真、胆振

9月6日の北海道の地震で、ニュースにあふれた地名。

●安平町(あびら)
勇払郡安平町。
2006年、早来町と追分町の合併により誕生。
実は早来町と追分町はかつて1つの村(安平村)、1952年に追分村が分村するにあたって1954年に安平村が早来村に改称した経緯があった。だから合併でもとに戻るにあたり、50年ぶりにもとの村名が復活したことになる。分区で以前の町名が採用されることがあるが、市町村合併では珍しいケース。「あびら」はアイヌ語由来の地名とも言われている。

●厚真(あつま)
勇払郡厚真町。
1906年の二級町村制施行時から、厚真(あつま)であり、現在まで合併を経験していない。
こちらの地名もアイヌ語由来らしいが、はっきりしていない。

●胆振(いぶり)
昔は胆振支庁、現在は胆振総合振興局。胆振地方ともいわれる。
でもまず知らないと読めない地名。
由来はこの地域にあった胆振国。この胆振という名称は斉明天皇の時代、阿倍臣が胆振鉏の蝦夷を饗応したという故事にちなむ。この胆振鉏(いぶりさえ)が現在の胆振国にあたる、という証拠はない。新井白石は名前から勇払(ゆうふつ)郡にあったと推定し、北海道の名付け親である松浦武四郎
は胆振国の地域にアイヌ人が多いことから胆振鉏であると類推したらしい。だから実際は胆振鉏が現在の胆振の地にあたるかわからない。ただ胆振鉏という地名が近代になって一部改称しながら復活し、現在まで地方名と使用されていることになる。

#このたびの被害に合われた方にお見舞い申し上げます

大阪の地下鉄路線名

大阪の地下鉄路線名は、道路名が多い。

御堂筋線
堺筋線
谷町線
千日前線
中央線
四つ橋線
今里筋線
いずれも、道路名である。

長堀鶴見緑地線
長堀も道路名である。

中央線
こちらも中央大通の下だから、道路名と言える。

大阪では南北を走る通りの名称は、筋という。
南北に走る路線は5本ある。
この中で気になるのは、「筋」がつく路線と「筋」がつかない路線があることである。
御堂筋線、堺筋線、今里筋線は筋がついている。
谷町線、四つ橋線は、筋がついていない。
この違いは何なのか。
なぜ谷町筋線、四つ橋筋線ではないのか。
一つ考えられるのは、谷町、四つ橋はそれぞれ地名として存在し、谷町4丁目、6丁目、9丁目駅や四つ橋駅など、それぞれ駅名があることである。
御堂筋線には御堂駅や堺駅などはない。
あと、考えられるのは文字数である。
みどうすじ、さかいすじは5文字。
たにまちすじ、よつばしすじは6文字。
あるいは文字数のために谷町線と四つ橋線は筋を外したかもしれない。

しかし、いまざとすじも6文字である。
また今里筋線には今里駅がある。
今里筋線を今里線にしなかった他の理由があるかもしれない。


国名の変更ーエスワティニ王国(旧スワジランド)


アフリカにあるスワジランド王国。
国境がすべて南アフリカ共和国という珍しい国である。
そのスワジランドが2018年、国名を変更するという。
新しい国名は、エスワティニ王国。
ちなみにスワジランドとは、植民地時代からの名称で、スワジ人の国(ランド)という英語が由来であった。
それが今回、スワジ語の名称である「エスワティニ」に変更される。

アフリカではローデシアからジンバブエ、ダオメーからベナン、コンゴからザイール、そしてまたコンゴへといくつか国名を変更するケースが見られる。ローデシアや今回のスワジランドは、植民地を経て国名が命名されたという経緯が絡んでいる。そのスワジランドも独立から50年を経て、やっと今回の改称となった。

またアジアでもセイロンからスリランカ、グルジアからジョージアなどへの変更があった。ただジョージアについては対外的な国名の表記の変更で、国名の変更には当たらないかもしれない。この表記の変更はジョージアの反露感情が絡んでいる。

またヨーロッパではマケドニア(前ユーゴスラビア)から北マケドニアへの国名変更があった。こちらはマケドニアの地名を古来の地とするギリシャとの関係が絡んでいる。

箕面萱野駅、箕面船場阪大前駅

大阪の駅名の特徴の1つに「長い」というのがある。よくあるのが隣接する2つの町の名をならべた連名駅名。喜連瓜破駅、関目高殿駅、千林大宮駅、野江内代駅など。または四天王寺夕陽丘駅など、神社名と地名を並べたものもある。さらに天神橋筋六丁目駅など、連名でもないのやたら長い駅名もある。



北大阪急行が延伸することになった。この延伸により新設される駅名が決定した。

箕面萱野駅

箕面船場阪大前駅

漢字4文字と7文字。大阪の駅名に対する傾向がしっかり引き継がれている。ただ今回の駅名は、2つの地名を並べたものではない。そのあたりが気になる。

まず、箕面萱野(みのおかやの)駅。

萱野は箕面市の町名にあたる。駅名として駅のある地名を採用する。これは問題ではない。ではなぜ萱野駅ではなく、箕面萱野駅となったのか。この場合の箕面は萱野よりも広範囲を示す地名である。このような命名は、同名の駅名があってまぎらわしい場合につけられることが多い。

ところが萱野駅は他にない。

ではなぜ箕面萱野駅と箕面にあることになったのか。

こちらは当初、駅名の案は新箕面駅であった。つまり、箕面方面への延伸が今回の謳い文句である。しかも終点である。萱野より知名度のある箕面を採用するのは理解できる。

ではなぜ新箕面駅にならなかったのか。駅名は公募をもとに、駅名検討会議が検討した。会議の参加メンバーは地元自治会、協同組合、大学、鉄道会社など地元の団体からなる。結果から見ると、箕面を駅名に残したい意見と、萱野の名前を採用したい意見の折衷案のように思われる。また同じ市内にに箕面駅と新箕面駅が共存する混乱も考慮されたのではないか。

続いて、箕面船場阪大前駅。

船場は大阪市にある有名な地名である。しかもこの船場という地名も、大阪市の船場にある問屋が箕面に移転したことに由来する。船場駅は実際にはないが、混乱することは十分に予想される。これは箕面船場駅とするのは正解であったかもしれない。

問題は阪大前の名前までついたことである。これは阪大箕面キャンパスに由来するが、現在、箕面キャンパスは駅の近くには存在しない。ただたしかに、駅の近くに移転予定である。確かに駅名の印象として大学の名前をいれる傾向はある。ただ阪大のキャンパスは箕面だけではない。豊中キャンパスや吹田キャンパスもある。駅名に名前をいれることで、阪大の中心が箕面船場の箕面キャンパスにあるという誤解を招く可能性がある。また駅名としてすでに4文字の駅名に、さらに3文字を追加する必要があるだろうか。並列でなくても副駅名、たとえば箕面船場(阪大前)駅でも良かったのではないか。ちなみに阪大はこの駅名選定委員会のメンバーにも入っている。

今橋(いまばし)@大阪

東横堀川にかかる橋。
今とは新しいという意味。
つまり新橋と同じ意味となる。
最初に橋がかけられたのは安土桃山時代らしい。
しかしその「今」から長い年月がたち、「今」ではなくなてしまった。
ただ、「今」という名前を橋に名前をつけた気持ちだけが今にまで残っている。
DSC02621DSC02239

祭りでよみがえる地名

巽神社の祭り。
すでに巽地区の住所の地名は巽東、巽中など、巽+方角の地名しかない。
ところが祭りになると、旧巽村の字名があらわれる。
四条
西足代
大地
伊賀ケ
矢柄
新しく住んだものにはまったく馴染みはない。
橋の名前などで見かける程度である。
でも地元の祭りとなると、むくむくと現れる。
いずれも個性的な地名で、さらに気になる。
DSC02240

道修町(どしょうまち)@大阪

DSC01630

道修町は、大阪では薬の町と知られる町の地名。
由来は人名説、寺名説とあるが、わからないらしい。
江戸時代からある地名でもある。
名前からは儒教らしい影響を感じられる。
「どうしゅう」でなく「どしょう」という読み方が気になる。





鰻谷中橋筋(うなぎたになかばしすじ)@大阪

鰻谷は大阪の地名。江戸時代からある。
鰻谷とは町名からは消えてしまったが、通りや商店街の名前として残る。
長堀通りの1本南側にあたり、長堀通りとほぼ平行に東西に走っている。

地名の由来としては、字の通り、鰻がたくさんとれた谷なのか、あるいは鰻のように長い谷だったのか。あるいは鰻の寝床のような細い谷だったからか。
一番考えられるのは地形による地名だが、現在も残っているかもしれない地形が気になる。また落語でも有名な地名。
公的な町名から消えながら、あちこちに地名として残っているのは、この地名に対する愛着が感じられる。

また中橋は、長堀川にかかる橋の1つ。中橋筋はその橋を通る南北の通り。つまり東西に走る鰻谷通りとは垂直で交差する。中橋は消えてしまったが、地名として残っている。

DSC01634

篠山市か、丹波篠山市か

篠山市か、丹波篠山市か 。
ニュースによれば、ある個人が篠山市から丹波篠山市への改称を条件に、改称した場合にかかる費用を上回る金額が寄付したという。
地名の問題で、金銭面が話題になるというのも珍しい。
篠山市は旧多紀郡の4町(旧篠山町・今田町・丹南町・西紀町)が合併して誕生した市である。
合併にあたり、新しい市名は中心にある町、篠山が採用された。
この規模で新市名に中心地名が採用されることは珍しい。
これには合併の範囲がすべて篠山藩に属し、篠山城など「篠山」には歴史的な中心性が高かったことがある。
また兵庫県篠山庁舎や篠山簡易裁判所、篠山警察署、地方法務局篠山支局、篠山区検察庁など、地域を代表する公共機関が篠山に「篠山」の名称で設置されていたということも関係している。
ただそのまま多紀郡の4町が合併したのであるから、名称は多紀市でも問題なかったように思われる。
しかし実際には郡名よりも知名度のある中心地の名称を採用された。

篠山市か、丹波篠山市か。
今回改称については、以下の問題があると考えられる。
まず、同じ兵庫県に丹波を名乗る行政自治体がすでに存在している。
丹波市である。
丹波市は旧 - 氷上郡の6町(柏原町・氷上町・青垣町・春日町・山南町・市島町)が合併した。
こちらも郡名を採用して氷上市でも名称に問題がなかった。
しかし実際には郡名よりも知名度のある旧国名の丹波が採用された。
また合併する町に氷上町がすでにあり、そのまま氷上市となると吸収合併のイメージを与えることを避けたことも理由の1つと考えられる。
この「被合併の行政名」を避ける傾向は、よくある。
丹波市の誕生で、丹波といえば丹波市が代表するようなイメージになった。
たしかに、すべての範囲が丹波に属してたから、間違いではない。
でも実際の「丹波」の範囲は、京都府と兵庫県、また大阪府にもまたがっている。
また京都府にも丹波を名乗る市と町がある。
南丹市と京丹波町である。
もし篠山市が丹波篠山市となると4つもの市町が丹波を名乗ることとなる。
ちなみに篠山という名前がつく地方行政団体は他になく、有名な地名も存在しない。
篠山だけでも全国的に通用するとも考えられる。
ちなみに全国で国名がついた市は意外と多い。
いずれもこれらは、すでに同名の地方自治体があるため、区分するために旧国名が名称に加えられたものである。
区分の必要のない篠山市が、丹波篠山市と名乗る必要があるのだろうか。
それでも、丹波篠山にはある程度、改称しても良い理由もある。
まず「丹波篠山」という名称が、以前から使用され、通用していること。
すでに篠山市の観光協会は丹波篠山観光協会と名乗っている。
また市内に丹波焼など丹波の名前のつく特産品があること。
また篠山には自らが丹波を代表しているというプライドがある。
改称となれば問題になるのが費用。

その費用の問題が、献金で解決されるかもしれない。
このまま改称に踏み出すかどうか。
一番の問題は兵庫県丹波市と兵庫県丹波篠山市が隣接して存在することになること。
こちらは混乱を招くかもしれない。
また丹波市サイドからの反発も予想される。
個人的には「多紀郡」の名称が消えてしまっていることが気になる。
旧多紀町の名称として残っているが、かつての郡名も大切にしてほしい。
郡名も地域を代表する歴史的な名称であったのだから。

天五に平五 十兵衛横町

現在の北浜あたりにあった地名。
開平小学校の脇に碑が立っている。
由来は人名。
天五と平五とは江戸時代の両替商、天満屋五兵衛と平野屋五兵衛のこと。
二人の五兵衛の店が道を挟んであったことから、五兵衛と五兵衛を足して十兵衛横町と呼ばれたという。
DSC01550
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ